美歯口ってセルフホワイトニングの効果あるの?みんなの口コミを見た

美歯口とはあのGENKINGさんがプロデュースしたセルフホワイトニング歯磨きの事。

どんな効果があるのかというと、磨き残しや歯についたステインや気になる口臭、タバコのヤニなどを普段使っている歯磨き粉で落として白い歯にしちゃえるのがこの美歯口の特徴なんです。

最近美白ができる歯磨き粉は徐々にメジャーになっていっていますが、ドラッグストアーなどで市販されている美白歯磨きとは一味違うのがこの美歯口なんですよね。

歯科に足を運んで行うホワイトニングは、やはり時間も費用もかかってしまうのがデメリット。でも、家の中で簡単に白い歯を手に入れる事はできます。
それがセルフホワイトニングなんです♪

★美歯口はどこで売られているの??

実は美歯口のネット販売は最近始まったばかり。それまではプロ用としてサロンや歯科などで販売されていたのですが、あまりにも好評だったため、一般向けに販売が開始されたんですよね。

今のところ、ドラッグストアーなどでの販売予定はなく、対面販売で美歯口を購入しようと思ったら美歯口を販売できるホワイトニングネットに加盟している加盟店でのみ購入する事ができます。

ただ、この加盟店、まだまだ店舗数がそこまで多くないので実際のところわざわざ遠くの店舗まで足を運んで購入するよりも公式サイトでネット注文しちゃった方が断然簡単なんですよね。

実際に私が住んでいるところも加盟店が側にない地域だったので、ネットからポチッとした方が簡単でした。

★美歯口、歯磨きとトリートメントがあるけど何が違うの?

美歯口には1,800円で販売されているホワイトニング歯磨きと、歯磨き後のスペシャルケアが出来る3,000円のマウストリートメントがあります。

歯磨きで汚れを落として、トリートメントでさらにケアをする。という事なので、セットで使う方がより効果を実感できるみたいですね。
特に歯のトリートメントはあまり馴染みのないものなので、効果は絶大!

そもそも、髪にもトリートメントはあるし、肌にもスペシャルケアはあるのに、歯にだけケアするものがないのは不思議ですよね。

肌はターンオーバーして生まれ変わるし、髪の毛は生え変わるけど、歯は一生もの!
歯にもスペシャルケアをする時代がついにやってきたんですね♪

>>公式サイトはこちら

★ホワイトニングってどうすれば出来るの?どんな方法がある?

白い歯はやはり人の印象を変え、爽やかでいいイメージを持たれやすくなります。
芸能人でも、どれだけ可愛くても歯が黄色かったり汚れが目立ってしまうとあまりいい印象ではなくなりますよね。

そんな人の印象まで左右してしまう歯の色。
白くしたい!と思ったらどんな方法があるのか、調べてみました。

そもそも、ホワイトニングは「治療」ではないので自由診療となる場合が多く、行う歯科によってかなり金額に差が出るものなんです。
なので安いところはダメで、高いところは他の医院よりも白くなる!というのはあまりないと思います。

5倍以上の価格差があるので、安易に「近所だから」と歯科を選んでしまうと結果的にものすごく高くついてしまう事があるかもしれないので注意してくださいね。

ホワイトニングには大きく分けて「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」があります。

ホームホワイトニングは美歯口などの歯磨き粉を使って行うセルフホワイトニングと混同されがちですが、歯科で施術をした後に家でもホワイトニングを行う仕組みになっているので全くの別物です。

オフィスホワイトニングは毎回歯科に足を運び施術してもらうホワイトニング法で、「ビヨンド」「ズーム」「オパールエッセンス」「ルマホワイト」などの種類がありますが、どれも過酸化水素などの漂白剤を高濃度に使用しています。

ただ、歯科によってはこれらの漂白剤の代わりにポリリン酸やメタリン酸を配合したホワイトニングを行っているところもあるので、しっかりと下調べをしてからホワイトニングをする歯科を選んでください。
ポリリン酸やメタリン酸が配合されているとホワイトニング効果は弱くなります。

そして一番気になる費用なのですが、オフィスホワイトニングの費用は一般的な歯科で3万円から5万円。

ホワイトニング専門の歯科などでは1万円から3万円でオフィスホワイトニングを受ける事ができる場合もあります。

ホームホワイトニングは自分の歯にあったマウスピースを歯科で作ってもらった後、自分でそのマウスピースに薬剤を入れ一定時間歯につけた状態で歯を漂白します。
漂白成分は歯科で行うオフィスホワイトニングとほぼ同じ成分のものを使います。
ただ、オフィスホワイトニングが1回でも高い効果が出せるように高濃度な漂白剤を使うのに対して、ホームホワイトニングは自宅でするため、安全性を重視しており成分的には低濃度なものを使う事になっています。

なので、回数を重ねて白くする、というちょっと時間がかかってしまうのもデメリットのひとつ。
ただ歯科に毎回通わなくていいのでホワイトニングはしたいけど時間がなかなか取れない…という人はこちらの方がいいかもしれませんね。

費用にしても一般的な歯科で3万円から4万円、ホワイトニング専門の歯科などでは15,000円から3万円ほどで行う事ができます。

薬剤は2週間分で約1万円。こちらもなかなかの金額がかかるようになります。

歯科によってホワイトニングの価格差が大きいのは、それぞれホワイトニングシステムを海外などから個人輸入したり、国内で承認された成分のものを販売店から購入したり…と入手方法や入手成分によって金額にかなり大きな差が出る事が原因です。

ただ、ホワイトニングに通っている人が少ない歯科よりも流行っている歯科の方が一人当たりの費用が抑えられている場合が多いので、安さを求めるのであれば「ホワイトニング専門の歯科」を選ぶ方がお得です。

★日本で12の歯科でしか出来ないホワイトニングがある!?

ブライトホワイトという、NASAの科学者が開発した非常に効果の高いホワイトニングがあります。
ただ、費用は一回あたり7万円と高額にはなります。
ですか、1回だけでも8から10段階シェードガイドがアップするというんです。

日本でこのブライトホワイトが出来るのは、アメリカ本社が認定した12の歯科だけ。
一回で驚くほど白くしたい!という人は12の歯科でブライトホワイトを試してみてはいかがでしょうか。

★歯科で行うホワイトニングのデメリットって?

歯科で行うホワイトニング、歯が白くなって好印象になって…いい事だらけ♪と思うかもしれませんが、やはりホワイトニングにもデメリットはあります。

漂白剤を使用するので、歯に痛みが出る場合があるんですよね。
虫歯などがあるとなおさらしみやすくなったりするので、ホワイトニングを受けようとすると先に虫歯治療を行う歯科もたくさんあります。

そしてホワイトニングを歯科で行ってもその効果は一生続くものではない事を理解しておかなければいけません。

例えホワイトニングを行ってもコーヒーを毎日たくさん飲んだり、タバコを吸ったりなどするとまた着色は始まりあっという間に黄ばんだ歯に戻る事もあります。

オフィスホワイトニングの効果が持続するのは3ヶ月から6ヶ月ほど。ホームホワイトニングの場合は6ヶ月から1年ほど持つようです。

ただ、ホームホワイトニングの場合、継続する期間も長期間になるので、あれだけ頑張ったのに半年しか持たないの!?と思われる方も少なくないようですね。

このように何もしなければあっという間にもとに元に戻ってしまう歯科でのホワイトニング。
ここで役に立つのが「セルフホワイトニング」なんです!

★セルフホワイトニング、一番オススメの使用法って??

美歯口などのセルフホワイトニング、歯科などでホワイトニングをしていない歯に使っても美白効果は発揮してくれますが、実は歯科でホワイトニングをした後にこれらの歯磨き粉を使ってケアする事で驚くほどホワイトニング効果が持続する、というんです。

美歯口は歯についたステインなどを落とす効果があるのですが、長年蓄積されたステインを落とすよりもホワイトニングの後についた比較的新しいステインを落とす方が簡単なのは明らか!

美歯口の口コミなどを見てみても、ホワイトニング後に使っている人がとっても多いんです。

歯科でもホワイトニングをしている人に美歯口を勧めることが多く、愛用者はその効果をかなり実感できているんですよ。

>>公式サイトはこちら

★美歯口、愛用者の口コミを大調査!

美歯口を使っている愛用者の口コミを調べてきました!

◯この歯磨き粉だけで「白くなる」という感じはあまりありませんでしたが、ホワイトニング後に使う事で白さが長持ちするのを実感しました。

◯歯科でのホワイトニングは費用もかかるしちょっと手が出ないので、セルフホワイトニングに挑戦してみる事に。友人に教えてもらった美歯口を選びましたが、ミントがキツくないのでお気に入りです!

◯トリートメントを使うと歯が本当にツルツルになって驚きました。トロトロの感じが歯に良さそう!

◯喫煙、コーヒー、紅茶とステインとは切っても切れない生活をしていましたが、美歯口を使い始めてから1ヶ月ほどでものすごく歯の色が変わりました。「歯が白くなる」とホワイトニング効果を宣伝している他のものとは全く違います!

◯歯科医に勧められて買いました。泡立ちが少ないので「磨いた気分」にはならず、しっかり磨けていいと思います。

と、様々な意見がありました。
ただ、まだまだ一般販売が始まって期間が短いので、そこまで多くの口コミを見つける事はできませんでした。

でも歯科医がオススメするホワイトニング歯磨きという事なので、今後雑誌に載ったりテレビに出たりと口コミの数もぐっと増えそうな予感がします♪

>>公式サイトはこちら

★美歯口にはどんなデメリットがあるの??

歯科で行うホワイトニングにデメリットがあるように、美歯口にもデメリットはあるようです。

美歯口の口コミなどで意見が真っ二つに分かれていたのが「爽快感」

歯磨き粉は強いミントの爽快感のあるやつじゃないと洗った気がしない!という人は多いのではないでしょうか。

実は私も歯磨き粉は、これでもか!というくらいミントが効いているものが好きです。

美歯口はどちらかといえば柔らかいミントのようで、爽快感を求める人にとっては満足のいくものではないようでした。

逆に、あの強いミントが苦手!口の中に歯磨き粉の味が残るのが嫌!という人からはかなり高評価を得ているようなので、美歯口の味については意見が分かれてしまうようですね。

あとは泡立ちの悪さが気になる、との意見もありました。歯科医が勧めるだけあって、あまり「発泡剤」などの無駄な成分は配合されていないようですね。

ただ、この発泡剤に関しては「泡立たないのが正解」との意見が多く、実は歯磨き粉に人工的な発泡剤は必要ないんですよね。

このアワアワがまだまだ洗い残しがあるのに「洗った感」を出す原因となるので、あまり発泡しない歯磨き粉の方がいいものなんですよ♪

★成分的に、美歯口には副作用がある!?

美歯口に配合されている成分について、副作用があるかどうかを調べてみたのですが、特にこれといって心配な成分が入っているという事はありませんでした。

美歯口に配合されているのはヒドロキシアパタイトや三リン酸SNa、メタリン酸Naなど。

これらの成分は自然由来のものや植物などから抽出されるものなので、安全性がとても高い成分です。

美歯口は医薬品ではないので、副作用が出る心配はほとんどしなくて大丈夫だと思います。

ただ、アレルギーなどがある場合は「副作用」ではなく「アレルギー症状」が出る場合もあるので注意して成分表示を確認してみてくださいね!

★ヒドロキシアパタイトって何??

あまり聞き馴染みのない成分、ヒドロキシアパタイト。

ハイドロキシアパタイトなら聞いた事があるんだけど…という人もいると思います。
そう、ハイドロキシアパタイトは少し高価な歯磨き粉によく使われている成分で歯や骨の主成分の事。

歯磨き粉に含まれている場合は歯磨きの基礎になる基材として使われている事が多く、生体に対して親和性が高く安全性も高いんです。

アパタイトにはカルシウムイオンが豊富に入っているので、歯のカルシウムイオンが不足した時にアパタイトからカルシウムイオンを供給してもらうなど、イオン交換ができるというメリットを持ちます。

虫歯になり始めに起こる「脱灰」という現象があるのですが、この脱灰が進めば歯に穴が空いて虫歯になってしまいます。
ハイドロキシアパタイトはこの際の歯の再石灰化を促進する事も出来ちゃうんです。

脱灰が始まった際にそばにハイドロキシアパタイトがあるだけで抜け出たミネラルを補給してくれ、脱灰よりも再石灰化のスピードを速めてくれるんです。

虫歯予防にもハイドロキシアパタイトはかなり効果的なもの。

実はヒドロキシアパタイトはハイドロキシアパタイトの別名。なので効果はハイドロキシアパタイトと同じなんです♪

このような成分が入っているだけで歯にとってはいい事だらけ♪しっかりマウスケアが出来ちゃいますよ!

>>公式サイトはこちら

★正しい歯磨きのやり方はこれ!あなたは出来ている??

毎日ちゃんと食後には歯磨きをしているのに、何故か虫歯になってしまう…という人は歯磨きのやり方を間違えているのかもしれません。

すでに習慣付いている歯磨きのやり方は、正しいかどうかなかなか判断が出来ないもの。

正しい歯磨きをする事が虫歯を予防したり汚れをスムーズに落とすポイントとなるんですよ♪

まずは歯ブラシの持ち方。

正しい持ち方はペンを持つように歯ブラシを持つ事。
余計な力が入ってしまうと汚れが落ちていると勘違いしてしまう上、歯ブラシの毛先がすぐに寝てしまう原因となります。
力任せにゴシゴシ磨いても、実は汚れは落ちないんですよ。

ちゃんと歯ブラシを持てたら、次は虫歯になりやすい場所を意識しながら磨いてみましょう。

虫歯になりやすいのは「歯と歯の間」 「奥歯」「歯と歯茎の間」などです。
歯の表面ばかりを磨いていませんか?
汚れが挟まりやすい「間」を意識する事で、虫歯リスクを下げる事ができます。

歯ブラシの角度は45度を目安にすると隙間に毛先が入り、汚れを落としやすくなりますよ♪

このように歯ブラシの持ち方、磨く場所を意識するだけでかなり歯磨きの効果が変わります。
虫歯に悩んでいた人は、少し意識して磨いてみてくださいね!

ちなみに、磨く前に歯ブラシを水で濡らしてしまうと泡立ちが良くなり「磨いた気分」に陥りやすくなります。
使用後に歯ブラシはしっかりと洗い、乾かした後は使用前に濡らす必要はなし!

食後すぐに歯を磨きたい人もいるはずですが、実は食後すぐは口の中が酸性になっているので、汚れを落とす目的で歯磨きをしてもエナメル質を傷つける結果となってしまします。

食後は30分程度歯磨きを避けたほうが歯のためになりますよ♪

★美歯口、購入場所によって価格に差はある??

美歯口が一般販売され、購入場所はサロンや歯科などだけではなくなりました。

ネットで買うことも出来るようになりましたが、購入場所によって価格に差があるのか、最安値で買えるのはどこなのか、ちょっと気になったので調べてみました。

美歯口がネットで買えるといっても、まだまだAmazonや楽天、yahoo!ショッピングなどのサイトでの取り扱いは開始されていませんでした。

市販で買うなら登録加盟店、ネットで買うなら公式サイトという事になりそうです。

なので、結果的に割引率などの違いはないので、美歯口はどこで買っても同じ価格で買えるようですね。

ただ、登録加盟店に行くまでの交通費などを考えるとやはりネットで購入する方がお得なのかな、と思います。

★美歯口、まとめ♪

美歯口はこれひとつでもオーラルケアが完了する万能な歯磨き!
ですが、「歯科などでのホワイトニング後に、白さを持続させるために使う」方法や、「普段使っている歯磨き粉で歯磨きをした後に、仕上げ磨きとして美歯口を取り入れる」方法の方が効果を実感しやすそうですね。

ドラッグストアなどで安売りされている198円ほどの歯磨き粉と比べると1,800円は少し高く感じますが、普段の虫歯予防や歯周病予防効果にプラスしてホワイトニング効果がつくとなれば「高い!」とは思わないのではないでしょうか。

むしろ、ホワイトニングを謳う商品としては比較的安価で買う事ができる歯磨き粉だと思います。

歯の汚れや口臭などはなかなか自分の力だけでは変える事は難しいもの。そんな時に美歯口があればかなりオーラルケアをサポートしてくれるので、悩みが嘘のようになくなっちゃうかもしれませんね。

購入場所が限られる事、まだあまり販売店舗が多くない事を考えると入手が難しいのかな、と思うかもしれませんが、公式サイトからの注文も3分ほどで終わるほど簡単なものなので、そこはあまり不安に思わなくても大丈夫そうです。

歯を白くするメリットは数多くあります。自宅で簡単に出来るセルフホワイトニングで、白い歯を目指してみてはいかがでしょうか♪

>>公式サイトはこちら